日焼け止めサプリで塗るタイプではカバーできないUVケアを行う

日焼け止めサプリで塗るタイプではカバーできないUVケアを行う

日本人が主流としているUVケア方法は塗る日焼け止めですが、海外では飲む日焼け止めサプリの方が馴染みがあります。塗るタイプでは肌へのベタつきや使用後のクレンジング利用など手間が掛かりますがサプリを利用することによって手間を省くことができます

サプリタイプの利用で手間を省くことができる

日焼け止めを塗っていてもほとんどの場合が、塗り残しや必要な量を使っていなかったりなど使い方が不十分です。2時間ごとに塗り直しが必要であったり、顔だけでなく全身に塗る必要があったりと手間が大変かかります。日本人では日焼け止めというと塗るタイプが主流ですが、海外では飲む日焼け止めサプリが注目されています。サプリを利用すると抗酸化力をアップして、紫外線の影響を受けにくい身体づくりをサポートします。即効性も期待できますが、飲む続けることによって抗酸化力がアップ紫外線からの防御作用をアップすることができます。日差しが強くなる7月よりも紫外線の量は4月から多く降り注ぎ始め、9月ごろでも多く降り注ぎます。UVケアは一年中必要です。そのため塗るタイプよりもサプリの方が手軽にUV対策を行うことができます。

塗るタイプでは防ぎきれないUVケアをサプリで行う

日焼け止めサプリを飲むと紫外線からの日焼けを完全に防ぐことはできませんが、塗るタイプでは対応しきれない日焼けを軽減する働きやメラニンを抑制する働き、肌の酸化を防ぐ働きがあります。サプリタイプに含まれるニュートロックスサンという成分が紫外線を浴びることで発生してしまう活性酸素を抑えることができ日焼けからの肌の炎症を減らす効果があります。紫外線の影響によって大量に発生するシミの原因となるメラニンをサプリを飲むことによって抑える働きを期待することができます。サプリタイプには抗酸化成分が含まれていて、肌の酸化を防いでシミやくすみを抑える働きがあります。

日焼けを防ぐためには併用使いと成分のチェック

日焼け止めサプリだけでは完全にUVケアができないため塗るタイプと併用使いがおすすめです。サプリで体の内側から紫外線を防ぎ、塗るタイプで外側から紫外線を防ぎます。さらに帽子や日傘などでカバーをすることがおすすめです。サプリを選ぶときには紫外線対策ができる成分を基準に選びます。また海外製品が多く販売されていますが、国産製品の方が日本人の体質に合い日本国内では禁止されている原料が配合されていることがあるため国産がおすすめです。サプリを選ぶときには日焼け止めの効果を最大限に得られて、安全に利用するためには配合されている成分のチェックが重要です。

まとめ

塗る日焼け止めでは、UVケアとしてこまめな塗り直しが必要です。日焼け止めサプリを利用することによって塗るタイプではカバーしきれない日焼けに効果を発揮します。ただし、サプリだけのUVケアでは不十分ですので、できる限り塗るタイプと併用使いを行いさらに帽子や日傘などの利用をするとさらにカバーすることができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

内側から対策出来る日焼け止めサプリの効果とは
飲むタイプの日焼け止めサプリは、どのような効果を期待できるのか
紫外線対策におすすめの日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリには副作用はあるのか
有効成分が配合された日焼け止めサプリを摂取することで紫外線対策をしよう!
日焼け止めサプリを飲むタイミングを知りましょう
美容皮膚科でも買える日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリは、市販のものでも効果があるのか
日焼け止めサプリの種類や肌への効果
人気の日焼け止めサプリの持続性とは
日焼け止めサプリの価格やその他のポイント
日焼け止めサプリの大きなメリット
日焼け止めサプリを使う上でメリットもデメリットも知ることはとてもたいせつなこと
目の紫外線対策もできる日焼け止めサプリ
話題の日焼け止めサプリは持ち運びも便利でメリットがたくさん
将来の美肌を実現するためには日焼け止めサプリメントを
美白とアンチエイジング効果がある日焼け止めサプリ
日焼けダメージや光老化から肌を守るには
ズキズキと痛みをともなう日焼けのケアは万全にすることがお肌への思いやりになる
日焼けで癌になる可能性はあるのか
日焼けでひりひりした時の対処法を知る
日焼けしない予防として知りたいケア方法
日焼け止め対策に効果的なケア方法
日焼けによる紫外線は老ける原因になります