日焼けダメージや光老化から肌を守るには

日焼けダメージや光老化から肌を守るには

肌にシワ、シミ、たるみができるほとんどの原因が、紫外線ダメージです。紫外線ダメージによる肌老化を光老化と言います。普通の老化は防ぎようがありませんが、光老化は紫外線を浴びないようにするだけで防げます。

紫外線対策をしてダメージから守る

記事のイメージ画像

紫外線が肌に良くないことは最近よく知られています。紫外線を浴びるとそれがシワやシミなどの原因になります浴びた当時は全くわからなくても、10年後20年後にシワやシミとなって現れるのです。女性にとっては恐ろしいことです。肌をいつまでも若々しく保ちたいなら、早いうちから紫外線対策をすることが大切です。ちょっとした外出でも、日焼け止めクリームを塗ったり日傘をさしたりして紫外線対策をすれば全く違います。「5分や10分程度なら大丈夫」と思って何も対策しないで外出すると、それが積み重なってシワやシミになるので注意が必要です。

シワやシミを作る紫外線UVAを予防する

紫外線には、日焼けを作る紫外線(UVB)とシミやシワを作る紫外線(UVA)の2種類があります。女性にとって日焼けも気になりますが、肌を老化させる紫外線のほうが気になります。日焼け止めクリームには、「SPF 」と「+」が明記してあります。簡単に言えばSPFはどのくらい日焼け止め効果(UVB予防効果)があるかを示す数値です。そして+が肌老化を促す紫外線(UVA)を予防できる数値です。老化を予防したいなら、SPFよりも+を重視して日焼け止めクリームを選ぶのがオススメです。+の数が多いほど、シワやシミを予防できます。

外出しないときでも紫外線対策は必須

家の中にいても、ガラス窓やレースのカーテンを通して紫外線(UVAやUVB)は室内に容赦無く入ってきます。また、蛍光灯からも微弱な紫外線が出ています。将来シワやシミを作りたくないなら、屋内にいるときもしっかり日焼け止めクリームを塗ることをお勧めします。屋内であれば「SPF20/+」くらいの日焼け止めクリームでも十分です。日焼け止め効果があるミネラルファンデーションやサンスクリーンも、肌に負担がかからずお勧めです。また、UVカットシートを窓に貼ったりUVカットカーテンをつけたりするのも効果があります。

まとめ

オールシーズン紫外線対策をしているだけで、10年後の肌に自信が持てるようになります。最近は敏感肌でも使える石鹸で落とせる日焼け止めやサンスクリーンが沢山あり、肌への負担を最小限にして紫外線対策ができます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

内側から対策出来る日焼け止めサプリの効果とは
飲むタイプの日焼け止めサプリは、どのような効果を期待できるのか
紫外線対策におすすめの日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリには副作用はあるのか
有効成分が配合された日焼け止めサプリを摂取することで紫外線対策をしよう!
日焼け止めサプリを飲むタイミングを知りましょう
美容皮膚科でも買える日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリは、市販のものでも効果があるのか
日焼け止めサプリの種類や肌への効果
人気の日焼け止めサプリの持続性とは
日焼け止めサプリの価格やその他のポイント
日焼け止めサプリの大きなメリット
日焼け止めサプリを使う上でメリットもデメリットも知ることはとてもたいせつなこと
目の紫外線対策もできる日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリで塗るタイプではカバーできないUVケアを行う
話題の日焼け止めサプリは持ち運びも便利でメリットがたくさん
将来の美肌を実現するためには日焼け止めサプリメントを
美白とアンチエイジング効果がある日焼け止めサプリ
ズキズキと痛みをともなう日焼けのケアは万全にすることがお肌への思いやりになる
日焼けで癌になる可能性はあるのか
日焼けでひりひりした時の対処法を知る
日焼けしない予防として知りたいケア方法
日焼け止め対策に効果的なケア方法
日焼けによる紫外線は老ける原因になります