日焼けでひりひりした時の対処法を知る

日焼けでひりひりした時の対処法を知る

日焼けをすると肌がひりひりしてくることがあります。やけどをしているのと同じなので、そのままにするのはよくありません。保湿をしたり、薬を使うのも良いでしょう。綿などの柔らかい素材の布の服を着ると刺激も少なくなります。

軽くやけどをしたような状況になる

記事のイメージ画像

料理をしているときには火を使ったり熱いものを使ったりします。ちょっとしたことで、それらが体に当たってやけどをすることがあります。ひどい時は水ぶくれなどになりますし、軽くても赤く腫れたりする場合があります。適切な処置をしなくてはいけません。日焼けをするとひりひりしますが、軽くやけどをした状況になることを知っておきましょう。太陽の光くらいでやけどをするわけがないと感じるでしょうが、日差しが強い時にはかなり肌にダメージを与えています。やけどをしたときの対処をすることで症状が治まることもあるので、水で体を冷やすなどした方がいいかもしれません。ひどい時は病院で診てもらいます。

保湿をして乾燥を防ぐようにしておく

冬になると、肌が乾燥してぱさぱさになることがあります。そのままにしていると、傷がつきやすくなり、体にとってはあまりよくありません。肌を守るための措置をしないといけません。日焼けをするとひりひりした状態になりますが、肌の乾燥も進んでいるので注意をしましょう。水をかけても肌が水をどんどんはじく様子が分かることもあります。このままの状態だと、冬に乾燥しているときと同様に傷がつきやすいので、刺激の少ないローションやクリーム等で保湿をしておきます。肌のべたつきがあまり好まない場合には、さらっとしたタイプを使うこともできます。それなら、問題なく使えます。

綿素材など肌に優しいタイプの服を着る

夏に良く着る服としては、麻の素材のものがあります。綿素材よりも風通しが良くふんわりと着ることができます。汗でべとつかない利点もあります。ただ、肌に当たったときにはそれなりにざらざら感を感じます。日焼けで肌がひりひりするときは、柔らかい素材の服を着るようにしましょう。麻の記事などだと、繊維でありながら肌を傷つける可能性があります。そこからさらに炎症がひどくなることもあります。綿素材のもので覆うことで、肌が何かに当たる時の刺激を避けることもできます。ぴったりしたものではなく、ゆったり目のものであれば肌に当たる部分も少ないので、それほど気にせず着ることができるでしょう。

まとめ

日焼けをすると肌がひりひりしてきます。赤くなることもありますが、実は軽いやけどの状態になっています。やけどをしたときのケアをすることで、赤みを抑えたり、肌を守ることができます。冷やしたり保湿をするとよいでしょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

内側から対策出来る日焼け止めサプリの効果とは
飲むタイプの日焼け止めサプリは、どのような効果を期待できるのか
紫外線対策におすすめの日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリには副作用はあるのか
有効成分が配合された日焼け止めサプリを摂取することで紫外線対策をしよう!
日焼け止めサプリを飲むタイミングを知りましょう
美容皮膚科でも買える日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリは、市販のものでも効果があるのか
日焼け止めサプリの種類や肌への効果
人気の日焼け止めサプリの持続性とは
日焼け止めサプリの価格やその他のポイント
日焼け止めサプリの大きなメリット
日焼け止めサプリを使う上でメリットもデメリットも知ることはとてもたいせつなこと
目の紫外線対策もできる日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリで塗るタイプではカバーできないUVケアを行う
話題の日焼け止めサプリは持ち運びも便利でメリットがたくさん
将来の美肌を実現するためには日焼け止めサプリメントを
美白とアンチエイジング効果がある日焼け止めサプリ
日焼けダメージや光老化から肌を守るには
ズキズキと痛みをともなう日焼けのケアは万全にすることがお肌への思いやりになる
日焼けで癌になる可能性はあるのか
日焼けしない予防として知りたいケア方法
日焼け止め対策に効果的なケア方法
日焼けによる紫外線は老ける原因になります