有効成分が配合された日焼け止めサプリを摂取することで紫外線対策をしよう!

有効成分が配合された日焼け止めサプリを摂取することで紫外線対策をしよう!

紫外線を受けることは肌に対して大きな影響を及ぼします。肌のバリア機能を低下させてシミ、たるみ、くすみなどの肌トラブルを引き起こす原因になります。そのため、しっかりと紫外線対策をする必要があります。日焼け止めクリームで対策をするのが一般的ですが、それが嫌な人は日焼け止めサプリを利用しましょう。

従来のクリームが苦手な人はサプリを使おう!

従来の日焼け止め対策はクリームを肌に塗るしか方法がありませんでした。しかしながら、クリームを肌に塗ることに抵抗があったり、敏感肌やアトピー症状を持っている人は肌荒れの原因にもなりかねないのでいまひとつ日焼け対策ができないという人もいます。そのような人におすすめしたいのが日焼け止めサプリです。日焼け止めサプリは身体の内側から紫外線対策をするというものです。これまでの日焼け止めクリームに抵抗があった人でも利用することができますし、何よりも塗る手間がなくなって気軽に使いやすいです。日焼け止めサプリでの紫外線対策も検討候補の1つに入れてみましょう。

成分に注目してサプリを選ぶようにしよう!

肌の老化の原因の80%以上は紫外線による影響です。これを光老化といいます。外で働く機会が多い人やよく外出する人は日焼け止めサプリの摂取を通して紫外線対策をすることで肌の老化を防止しましょう。しかしながら、日焼け止めサプリには多くの種類があってどれを選べばいいか迷ってしまいます。そのようなときには成分に注目することです。たとえば、フェーンブロックという成分があります。これはシダ植物から抽出されるもので抗酸化成分の1つです。紫外線を受けるとフリーラジカルという成分が過剰に生成されて肌のバリア機能を低下させます。フェーンブロックはこのフリーラジカルを破壊する作用を持っているのです。

フェーンブロック以外にも注目の成分はこれだ!

日焼け止めサプリの代表的な成分としては、フェーンブロック以外にもあります。それはルテインやリコピンです。いずれも強い抗酸化作用を持っていて活性酸素を除去することもできる成分です。活性酸素とは体内で発生する酸素で肌のシミやシワが生まれる原因になります。また、ビタミンDが配合されていることもポイントです。紫外線を受けると体内のビタミンDが減って肌の老化につながるからです。摂取するタイミングとしては外出する30分前がベストの時間帯です。持続時間は5時間前後なので、長期にわたって外出する場合は外出中にもう1つ飲むようにするといいでしょう。

まとめ

紫外線対策をするときには日焼け止めサプリがおすすめです。クリームのように塗る必要がないので手間がかかりません。選ぶときには成分に注目しましょう。ルテイン、リコピン、フェーンブロックなどの抗酸化成分がおすすめです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

内側から対策出来る日焼け止めサプリの効果とは
飲むタイプの日焼け止めサプリは、どのような効果を期待できるのか
紫外線対策におすすめの日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリには副作用はあるのか
日焼け止めサプリを飲むタイミングを知りましょう
美容皮膚科でも買える日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリは、市販のものでも効果があるのか
日焼け止めサプリの種類や肌への効果
人気の日焼け止めサプリの持続性とは
日焼け止めサプリの価格やその他のポイント
日焼け止めサプリの大きなメリット
日焼け止めサプリを使う上でメリットもデメリットも知ることはとてもたいせつなこと
目の紫外線対策もできる日焼け止めサプリ
日焼け止めサプリで塗るタイプではカバーできないUVケアを行う
話題の日焼け止めサプリは持ち運びも便利でメリットがたくさん
将来の美肌を実現するためには日焼け止めサプリメントを
美白とアンチエイジング効果がある日焼け止めサプリ
日焼けダメージや光老化から肌を守るには
ズキズキと痛みをともなう日焼けのケアは万全にすることがお肌への思いやりになる
日焼けで癌になる可能性はあるのか
日焼けでひりひりした時の対処法を知る
日焼けしない予防として知りたいケア方法
日焼け止め対策に効果的なケア方法
日焼けによる紫外線は老ける原因になります